Gabriele Pasini
Scegli lingua

ラヴェンナとこの町のモザイク は、Gabriele Pasini(ガブリエレ・パジーニ)の2020-2021年秋冬コレクションのインスピレーションであり、出発点です。 前回のコレクションでスタートした、イタリアの街を通じてこの国を称えるコレクションが、1996年にユネスコ世界遺産に登録されたこの町で引き続き行われます。閑静で美しく、荘厳で飾り気のないラヴェンナの町が、ウェアの構造に焦点を当てることによって語られます。この町を想起させる紛れもない色使いやウェアのフォルムが明らかにされ、強調されます。

オンラインカタログをご覧下さい。

ストーリーテリングを閲覧する

dark-logo