Gabriele Pasini
Scegli lingua

Gabriele Pasini

若いころから、彼の初期の「カスタマイズ」ジャケットのリバース作ったり、ズボンの長さを調節する指導を地元の仕立て屋に行ってきました。ガブリエレ・パジーニは、Scuola Classica Sartoriale Partenopea(ナポリ洋裁学校)で彼のスタイルを確立しました。
ナポリの偉大なマエストロたちと一緒に仕事をし、ジャケットの完璧な構造を作るための技術、フォルムや素材の研究などを学びました。ジャケットは体を包む2枚目の皮膚となりました。これは、「不完全」であることを忘れることはなく、服に唯一無二であるという価値を与えました。

25年前、モデナに最初のモノブランドショップをオープンしました。ブリティッシュダンディ、ナポリの洋裁学校、そしてバロックの魅力をミックスしたものです。2012年、イタリア内外でガブリエレ・パジーニブランドを生産、販売するラルディーニとのジョイントベンチャーにサインしました。このコラボレーションにより、2015年にはロサンゼルスのファッションの中心地、メルローズ・アベニューに最初のコンセプトストアをオープンしました。
2017年1月、ミラノのジェズー通りにラルディーニとガブリエレ・パジーニのフラッグシップストアがオープンしました。パジーニコレクションを国際レベルで発表できる新しい扉となっています。

dark-logo